「働き方改革成功企業ランキング」トップに輝いた企業は?

mail_hatarabo_archives_8.jpg

ランキングのトップは「Apple Japan」

転職者・就職者向けの情報プラットフォーム「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズは12月18日、2017年 働き方改革成功企業ランキング(以下、同ランキング)を発表した。

同ランキングにおいては、各企業において、今年の「働きやすさ度」と、前年の「働きやすさ度」と比較し、上昇ポイント数が高い企業を上位とした。

なお、働きやすさ度の算出においては、「風通しの良さ」「社員の相互尊重」のほかに、「平均残業時間」「有給消化率」を5段階評価した結果を加え、評価結果を数値化した。対象となる企業は、現職社員からのクチコミを有する4690社。

29793d2600b6f0f557fb6d8c26fdc360.png

同ランキングの1位はApple Japan、2位はマクロミル、3位はネオキャリアとなった。

Apple Japanが1位となった理由としては、在宅勤務をしながらカスタマーサポートを行う「AHA社員」に対しても、福利厚生が充実している点だ。

また、クチコミによると、AHA社員は、業務時間外のネットワーク接続が禁じられているが、このことは、在宅勤務における時間外労働の制限に一役買っており、仕事のみならず日常生活も充実する「ワークライフバランス」が実現しやすくなる。

さらに、同社は実力主義が浸透しており、評価が高いほど昇進しやすくなる点もメリットだ。

 

残業は減少、有給休暇は取得しやすい状況に

同ランキングで上位を獲得した企業に共通する点は、「働き方改革」を意識していることだ。

これまでは、長時間残業が常態化していた企業が多かったが、一定の時刻になるとパソコンが強制的にシャットダウンされる仕組みを取りいれた企業も見られ、残業削減に本気で取り組んでいる様子がうかがえる。

さらに、クチコミによると、「有給休暇が取得しやすくなった」という意見も見られることから、働き方改革は一定の成果を上げていると言える。

 

 

 

 

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ