ワーケーション導入ステップと運用のポイントを解説

mail_hatarabo_archives_8.jpg

働き方改革の一環として以前から話題となっていたワーケーションが今、コロナ禍においてさらに注目されています。休暇と仕事を組み合わせた概念とは知っていても、具体的な導入イメージが湧かずに、自社には縁のない制度だと思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ワーケーションの考え方を改めておさらいした上で、導入を検討する際に必要な準備について解説。ワーケーションを運用する上でのポイントもお伝えします。

ワーケーションとは?

ワーケーションとは、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語。国内外のリゾート地や帰省先、地方など環境の良い場所で、旅行中に仕事をするという新しい働き方です。部署やチームでリゾート地へ行き、仕事をしながらメンバーとの旅行を楽しむスタイルもワーケーションのひとつです。

オフィス以外で仕事をする働き方として浸透しているのがテレワークですが、ワーケーションとテレワークの違いは、仕事をする場所です。テレワークをする場所は、自宅やサテライトオフィスなど。一方でワーケーションは、帰省先や旅行先などどこでも仕事をすることが可能です。また、遠隔地で仕事をするだけでなく、仕事と休暇を組み合わせたスタイルだということも、ワーケーションの特徴です。

ワーケーションのメリット

ワーケーションのメリットは、テレワークと同様に、通勤がなく自分で仕事をする時間や場所を柔軟に選べること。コロナ禍においては、リゾート地など都市部以外で働くことで、人の密集を避けられるというメリットも注目されています。

またワーケーションなら、会議など外せない仕事の予定が入っていても、その予定を含めた期間に長期休暇を取ることが可能です。まとまった休暇が取得できるため、家族との時間が確保できるというメリットも。会社側にとっては、仕事と休暇のバランスがとれたワーケーションを取得させることで、有給取得率を向上できるという効果も期待されています。

ワーケーション導入企業の事例

働き方改革を進める企業の中には、ワーケーションを積極的に採用する会社もあります。その事例の一部を紹介します。

リゾート地での合宿でリフレッシュしながら働く

三菱地所が2019年に開業した「WORK×ation Site 南紀白浜」は、和歌山県の南紀白浜空港から車で約 3 分の場所に位置するワーケーションオフィス。株式会社ギックスは、社員の発想力・創造力向上や、従業員の満足度向上のため、1泊2日の合宿や、1ヵ月程度の滞在型サテライトオフィスとしてWORK×ation Site 南紀白浜を利用しています。

ある1日の社員の合宿によるワーケーションのスケジュールは、朝、7:40 の羽田空港発の飛行機で東京を出発して、9:15にはオフィスに到着。午前中は各自がデスクワークを集中して行い、午後は開放的な空間でアイデアを出し合うミーティングを実施します。ランチや夕飯は近くのレストランで食事をしたり、仕事後は砂浜へと出かけたりと、リゾート地ならではの体験も。参加者は、リフレッシュしながら心地よく仕事をしています。

出張中に休暇がとれる「ブリージャー」も導入したJAL

JALは、2017年から社員が休暇期間中にテレワークで仕事をするワーケーションの制度を導入。会議など仕事の都合による長期休暇の日程変更の必要がなくなったほか、会社が協賛する地域でのイベントに、休暇中に参加することも許可されました。また、2019年5月からは出張先で休暇がとれる「ブリージャー」(business{仕事}と leisure{余暇・休息}を組み合わせた造語)を導入。休暇制度を多様化させることで、社員が自由に働き方や休み方を選べる環境を整えています。

ワーケーション導入に必要な準備とは

日本でも、働き方改革や社員の満足度向上のために企業が採用し始めたワーケーション。休暇と仕事を組み合わせた働き方を認めるには、まだ準備が足りないと感じる方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、次からは導入に必要なステップを解説。なお今回は、社員それぞれが取得した休暇の間に仕事をするケースについてお伝えします。

ワーケーションの導入範囲の設定

まずは、ワーケーションの導入範囲を定めます。業務や部署、役職など、ワーケーションの対象を決定しましょう。取得が可能な時期についても検討が必要です。ワーケーションに適した業務は、テレワークでも行えるデスクワーク。チャットやWEB会議ツールを使って、リモートでもスムーズにコミュニケーションがとれる業務や部署を最初は対象とするとスムーズです。取得可能な時期は、まずは夏季休暇の期間や閑散期のみとするなどして、現実的なタイミングで実施できるようにするのがおすすめです。

就業規則の変更

ワーケーション中の業務に関する就業規則を整えましょう。ワーケーションで行える業務の範囲や、1日、半日、時間といった取得の単位、ワーケーション中の禁止行為などの基本ルールの整備は必須です。また、ワーケーションを許可制にする場合の申請・決済方法や、ワーケーション中の承認フロー、発生した経費の負担についても定めましょう。就業規則を作成したら、全社員に周知します。必要に応じて、就業規則の説明会を実施することも検討しましょう。

労働時間管理体制を確立

ワーケーションを利用する社員の意識付けや社員間の公平性を保つ観点からも、ワーケーション中の実労働時間の正確な把握が必須です。旅先であっても、1日仕事をした場合は出勤となりますが、1日のうち一部の時間を仕事にあてた場合は、時間単位での有給休暇としてカウントする必要があります。ワーケーション中でも、タイムカードやパソコンのログ、もしくは出退勤の報告ルールを使って、労働時間を記録できる体制を確立しましょう。

情報セキュリティの強化

ワーケーション中の情報セキュリティ対策も強化しましょう。会社のモバイル端末の遠方への持ち出しには、紛失や盗難、破損などのリスクがあります。ワーケーション中の端末や利用可能なネットワーク、また資料の持ち出しについてルールを整備するほか、万が一の事態に備えたセキュリティソフトのインストール等の対策を行いましょう。

ワーケーション運用上の注意点

ワーケーション導入のための準備を整えたら、運用する上での注意点も押さえておきましょう。企業が特に意識したいポイントは次のとおりです。

私的な時間と仕事の区別をつけられる運用体制

ワーケーションは旅先でも仕事をすることで、柔軟に長期休暇を取得できる制度です。仕事の予定が入る日を外す必要がなくまとまった休みがとれる一方で、休暇中に、私的な時間と仕事の時間を切り替えるのが難しいという課題もあります。休みに仕事を持ち込むという事態に陥らないように、予定していた会議などの業務のみに限定する、休暇中は新しい仕事を与えないといったルールを設けて、オンとオフの区別をつけられる運用体制を確立しましょう。

ワーケーション中の仕事範囲を明確に

ワーケーション中は完全な休暇ではないため、予定していた以上に仕事をせざるを得なくなる、また深夜まで仕事をしてしまうなどの原因から、働く人のストレスや体調不良を招くこともありえます。メリットのあるワーケーションを実現するために、ワーケーション中の仕事範囲を明確にすることが大切です。業務予定をあらかじめ決めてから休暇を取得する、長時間労働を防ぐために上司への業務報告を徹底するなど、仕事をしながらも確実にリフレッシュをするためのルール整備が必要です。

安全衛生面の注意喚起を

ワーケーション中の社員の安全面も意識しましょう。旅行中やリゾート地での事故による怪我などは、業務上の災害であれば労災保険の対象となりますが、休暇として過ごしている間に発生したものは対象外です。旅行中はプライベートな時間で、気が緩んでしまうことも。怪我をした場合の治療費の負担額にも関わりますので、ワーケーション中の怪我や病気に関しては、社員に対して必ず注意を促しましょう。

ワーケーションの成功には適切な準備が不可欠!

休みと仕事を柔軟に組み合わせることで、多様な働き方を可能にするワーケーション。長期休暇の取得推進も目的のひとつですが、旅先に終わらなかった仕事を持ち込むという考え方では、ワーケーション導入は成功しません。ワーケーションを運用できるルールだけでなく、休み中の仕事の予定をしっかり立てた上でワーケーションに入れる体制作りも大切です。社員の選択肢を増やして仕事への満足度を上げるためにも、ワーケーション導入に向けた適切な準備を進めましょう。

ワーケーションの導入には、まずテレワークの活用から!

参考・出典

ワーケーション活用事例 | 【公式】三菱地所のワーケーション ポータルサイト
ワークスタイル変革|サステナビリティ|JAL企業サイト
ワーケーションとは? 旅行先で働くメリットと注意点を解説 │ 働き方改革ラボ

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ