効率化やコスト削減にも!法人向けサブスクリプションサービス

chart-2.png

chart-2.png

mail_hatarabo_archives_8.jpg

サブスクリプション 画像

近年の注目ワードともいえる、サブスクリプションサービス。一般的には、月額プランに加入して音楽や動画配信、自動車やファッションのレンタル等を利用できる個人向けサービスとして知られていますが、法人向けのサービスもあるのはご存知でしょうか。今回は法人向けのサブスクリプションサービスについて紹介していきます。

そもそもサブスクリプションサービスとは?

社会全体が豊かになり、消費者が「モノ」を買う時代から「体験」を買う時代へと変化している現代。そんな時代に生まれたサービスが、サブスクリプションサービスです。製品やサービスに対してお金を払うのではなく、一定の期間利用したり、アクセスしたりする「権利」に対して対価を支払うことが大きな特徴。いわゆる“定額サービス”と異なる点は、顧客満足度の向上と、サービスの継続利用に重点を置いている点です。

ICT総研の調査によれば、2019年のサブスクリプションサービス市場は約1.1兆円。動画や音楽以外にも、自動車や不動産といった多様なジャンルでサブスクリプションサービスが開始されており、2023年までに市場規模は約1.4兆円まで拡大する見通しとされています。

サブスクリプションサービスが増えている背景

サブスクリプションサービスが増えている背景に、ASP型(ネットワーク経由でソフトウェアの提供や、その利用ができる環境を提供するビジネスモデル)のサービスが、より一般的になったことがあるでしょう。ASP型ツールの多くは、インターネットが使えるパソコンさえあればすぐに利用可能です。サーバーを自社で保管することなくネットワークを通じて使用できるようになったため、サービスの提供側、利用者側の双方にとって導入のハードルが下がってきているのです。

法人向けサブスクリプション

それでは法人向けのサブスクリプションにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、具体的な法人向けサブスクリプションサービスを、利用のメリットと共に紹介していきます。

バックオフィス業務効率化

MakeLeaps(請求業務管理系サービス)

メイクリープス株式会社が提供する、請求業務をクラウド化、AI化してくれるサービスです。利用料金は従業員や取引先の数、オプションなどで決まり、企業の成長に合わせて柔軟にプランを変更することができます。

メリット

見積書から請求書までをクラウド上で作成・管理することができるほか、ワンクリックで印刷・封入・投函までを実行。経理まわりの作業効率を大幅に向上することが期待できます。

(参考:MakeLeaps公式サイト│メイクリープス株式会社)

レターパックダイレクト(郵便系サービス)

日本郵便の「レターパック」を大口利用する法人向けのサービス。株式会社JPメディアダイレクトが運営をしています。

メリット

発注管理や出荷管理、在庫管理などの管理を一括して代行。宛名の手書き作業や、レターパックの都度購入が不要となり、事務作業の軽減、効率化を実現します。

(参考:レターパックダイレクト|株式会社JPメディアダイレクト)

業務効率化・コラボレーション促進

kintone(業務管理系サービス)

サイボウズ株式会社が提供する業務改善プラットフォーム「kintone(キントーン)」は、データ管理やプロセス管理、コミュニケーションが一体化された業務管理アプリです。

メリット

散在してしまいがちなエクセルファイルやメールといったデータを一元管理することで、情報の集約と共有、チーム全体の仕事状況が把握しやすくなることが大きなメリット。SNSのような感覚で利用できるので、活発なコミュニケーションによってチームの意識をまとめやすくなります。

(参考:kintone公式サイト│サイボウズ株式会社)

Backlog(業務管理系サービス)

株式会社ヌーラボが提供する「Backlog」は、開発やマーケティング、人事、総務まであらゆる職種で使われているプロジェクト管理ツールです。ストレージやプロジェクト数、ユーザー数などに応じて5つのプランを提供しています。

メリット

シンプルで分かりやすいUIが特徴。絵文字や柔らかい色彩により、親しみやすい印象です。プロジェクト管理に必要な機能(課題管理・ガントチャート)に加え、共有ストレージ機能が充実。柔軟なファイルのやり取りや大容量ファイルの取り扱いができることも大きなメリットでしょう。

(参考:Backlog公式サイト│株式会社ヌーラボ)

営業活動効率化

連絡とれるくん(名刺管理系サービス)

株式会社Phone Appliが提供する、名刺管理にも使用できるWeb電話帳クラウドサービスです。スマートフォンを利用して名刺情報を登録することができ、社員・お客様情報などをクラウドで一元管理することができます。

メリット

Office365との親和性が高く、Microsoft Teamsとの連携機能を使用すれば、組織内外のコラボレーション活性化にも役立ちます。

(参考:連絡とれるくん公式サイト│ 株式会社Phone Appli )

Sansan(名刺管理系サービス)

Sansan株式会社が提供するのは、生産性の向上やマーケティング等を行う名刺管理ツールです。価格体系では、Lite、Standard、DXの3つのエディションがあり、見積に応じて最適なプランを提供します。

メリット

社内外の連絡先(名刺等)をデータベース化し、一元管理・共有することで、組織的な営業力の強化や、営業のチャンスを広げることができます。属人的だった従業員と社外とのつながりを、会社全体のつながりにすることで、部門を超えた全社的な生産性向上が期待できます。

(参考:Sansan公式サイト│Sansan株式会社)

→「【保存版】名刺管理ソフト 18製品を一括比較」はこちら

リスクヘッジ

URIHO(取引先の未払い防止サービス)

URIHOは、株式会社ラクーンフィナンシャルが提供する、取引先の倒産や未入金時に取引代金を支払いしてくれるサービスです。料金は業界最安水準の価格で、3つのプランを保証額に応じて選択することができます。

メリット

中小企業向けのサービスとして展開。掛売りにスムーズに対応できるほか、取引先の登録や保証金の請求まですべての作業がネット上で行えるため、調査や業務の作業時間を大幅に削減できます。

(参考:URIHO公式サイト│株式会社ラクーンフィナンシャル)

こんな新しいサブスクリプションも

OFFICE PASS(シェアオフィスサービス)

OFFICE PASSは、株式会社日本経済新聞社が提供する、全国200か所以上にあるシェアオフィスのサブスクリプションサービスです。1ユーザーごとの契約と、複数ユーザーで契約する2つのプランがあります。

メリット

リアルタイムで空席状況がわかり、予約なしで利用が可能。リモートワークを推奨する企業が従業員の作業スペース用に利用したり、自社オフィスが手狭になった場合にシェアオフィスを併用して柔軟に対応したりと、さまざまな活用法があります。低価格も魅力で、テレワークが普及する昨今において注目のサービスといえるでしょう。

(参考:OFFICE PASS公式サイト│株式会社日本経済新聞社)

subsclife(家具レンタルサービス)

subsclifeは、株式会社subsclifeが提供する、家具のコーディネートから貸し出しまでを行う家具のサブスクリプションサービスです。大手のコクヨから、人気家電ブランドのバルミューダなど、現在61ブランド、45,000種の家具・家電を取り扱い。レンタル中に気に入ったものは、購入したり利用延長したりすることもできます。コーディネートの提案も無料で受けられます。

メリット

家具の選定から実際に使うまでがスピーディー。月額利用料金と送料を払うだけでオフィスに家具を揃えることが可能で、コストを大幅に抑えられるため、スタートアップなどには嬉しいサービスです。

(参考:subsclife公式サイト│ 株式会社subsclife )

KINTO ONE(自動車定額利用サービス)

KINTO ONEは、株式会社KINTOが提供する、自動車の定額利用サービスです。提供される車は、すべてトヨタ車。頭金なしで、手続きはWEBのみで完結します。月額利用料金は車種やオプションにより決定。

メリット

車にかかる費用が月々の定額払いで済むことや、費用を経費扱いできること、保険加入や税金などの手続きの手間を省くことができることが大きなメリットです。3年契約で、正規店でのメンテナンスも受けられるため、常に安全な装備の車に乗り続けられることも魅力の1つといえるでしょう。

(参考:KINTO ONE公式サイト│ 株式会社KINTO )

まとめ

今回は、あらゆる法人向けのサブスクリプションサービスを紹介してきました。こうしたサブスクリプション型サービスは、ほとんどの場合かかる費用が固定されているので、予算を立てやすいのが特徴です。サービス導入までの障壁が低いことから、今後もますます増えていくことが予想されるサブスクリプションサービス。作業の効率化や予算の削減を図り、生産性を高めていくための一つの手段として、ぜひ自社に合ったサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

chart-2.png

chart-2.png

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ