会社を守る!ここだけは押さえたい労働時間リスク対応の勘所

mail_hatarabo_archives_8.jpg

※お申込み受付は終了しました

コラム「時間外労働に罰則付きの上限規制が導入。その対応策とは?」の執筆者が解説する、労務担当必見のセミナーです!

Seminar_bannar_1

会社を守る!ここだけは押さえたい労働時間リスク対応の勘所
ー百戦錬磨の弁護士が伝える、明るい労働時間管理の方法ー

働き方改革関連法の成立により、「罰則付き時間外労働の上限規制」が導入され、労働時間を適正に管理することの重要性が益々高まっています。また、働き方改革の一環として「柔軟な働き方がしやすい環境整備」が推し進められており(厚労省のモデル就業規則の変更、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の作成、テレワークに関するガイドラインの改定など)、これまでとは異なった形態の労働時間管理の必要性も生じています。
本セミナーでは、労働時間を適正に管理できていない場合の労務リスクについて、労働問題を専門的に取り扱う使用者側弁護士が、裁判例を基に、その予防と対応策を解説致します。

講演者
多湖・岩田・田村法律事務所
経営労務部門 弁護士・ニューヨーク州弁護士 第一東京弁護士会 リーダー
田村 裕一郎 氏

開催日時

2018年11月13日(火)14:20~15:20

会場

グランフロント大阪 北館B2F
ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
※リコージャパン株式会社が主催する「Value Presentation 2018」内のイベントとなります

働き方改革ラボからのご招待

10名

参加費

無料
※事前の申込が必要となります

受付締切

2018年11月8日(木)12時00分※お申込み受付は終了しました

主催

リコージャパン株式会社

お申込みはこちらから

※働き方改革ラボからのお申込み受付は終了しました※

※本セミナーは、リコージャパン株式会社が主催する「Value Presentation 2018」内のイベントです。会場入場のお手続き等は、当選メールにてお知らせいたします。

※講演中の録音・録画・撮影は固くお断りしております。
※自然災害等、やむを得ない事情により、開催中止となる場合がございます。予めご了承ください。

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ