働き方改革こそが最良のセキュリティ対策

mail_hatarabo_archives_8.jpg

shutterstock_669226093.jpg

働き方改革でセキュリティ対策が重要に

働き方改革を実現するため、ICTを活用したテレワークや在宅勤務、モバイルワークの導入を検討している企業が増えてきました。ここで問題になってくるのが、情報漏洩などのセキュリティ対策です。

オフィス以外の場所からさまざまなデバイスで社内システムへアクセスすると、セキュリティリスクの増大につながる可能性が出てきてしまいます。

働き方改革で新たに求められるセキュリティ対策とはどのようなものか、改革とセキュリティ性の両立を成功させるにはどうすれば良いか、今回はこの点について考えていきます。

働き方改革で求められるセキュリティ対策とは?

働き方改革は、いつでもどこでも働ける環境の整備を促進させ、ワークスタイルの柔軟性をアップさせることで、人々の満足度も高めながら労働生産性を向上させて初めて成功するものです。

問題は、このICTを活用した”いつでもどこでも働ける”環境の実現が、機密性の高いデータを含んだ情報を外へ持ち出したり、コピーしたりしやすく、漏洩が発生しやすい環境を生むことと同義になってしまうことにあります。

そもそもセキュリティ対策は日々巧妙化し多様化するさまざまな脅威と攻撃に備えなければならず、仮に働き場所をオフィスや特定の場所に限定しても、絶対的に安心な仕組みが手に入るとは限りません。

働き方改革に求められるセキュリティ対策とは、柔軟に働ける環境の実現と、セキュリティ対策にかかるコストの間でバランスを取ることが求められます。

どのようにセキュリティ対策をすれば良い?

ICTを活用したテレワークや在宅勤務、モバイルワークがもたらすメリットは、事業者にとっても労働者にとっても非常に大きなものです。リスクのみを重要視して対応しないことで大きな利益を失いかねません。

では、具体的にどうやってリスクに対応していけば良いのでしょうか。セキュリティの対象はデータですので、シンプルにまとめると、「データを保存する」「データを通信する」「データを使う」の3つがポイントとなります。

1.データを保存する

必要な情報が1つの端末やストレージのみにバラバラに保存されていると、働く場所が制限されるだけではなく、個別にセキュリティ管理をするコストが高くなります。DropboxやBox、Google Drive、 Microsoft One Driveといったクラウドストレージの活用は、これらの課題を解決するのみならず、組織内でデータを共有することで業務の効率化を進めることにもなります。

2.データを通信する

クラウドストレージを含め、チャットやメールの大半の通信自体はSSL/TLS等で保護されていますが、フリーWi-Fiなどのアクセスポイントによってはセキュリティリスクが生じます。基本的な通信ルールの明示が必要ですが、なによりモバイルWi-Fiなど通信用デバイスを配布するなど、安全でどこでも仕事ができる通信方法を提供することがリスクを回避することになります。

3.データを使う

社外で仕事を行うパソコンやスマートフォンなどのデバイスでは、指紋やパスワードによるユーザー認証や、ローカル保存データの暗号化が必須です。むやみにポートを開放したり、安全性の取れていないファイルやアプリケーションを利用できないようなシステム制限やルールも必要です。しかし、ユーザーのミスや悪意による情報漏えいはシステムでの対応には限界があります。

充実した仕事こそ、抜本的なセキュリティ対策

技術的な対応より重要なのが、人的なセキュリティ対応です。今日のセキュリティリスクは、大半が技術に起因するものではなく、運用制度の想定不足や知識不足、もしくは人によるミスや不正、悪意によって発生しています。

人によるセキュリティリスクは、セキュリティ対策による十分な見返りが感じられず、会社の現況や待遇に対して不満が高い場合に顕在化しやすくなります。

ですから、遠回りなようですがスタッフの仕事に対する満足度を高め、信頼関係を醸成して会社の利益と個々の利益を一致させることが最善のセキュリティ対策となります。

セキュリティ対策が会社と自らの利益になれば、スタッフが積極的に技術や知識を獲得して制度を改善し、作業場でのミスやインシデントが起きないようにするボトムアップのセキュリティ対策が機能するようになります。

また、不正や悪意が働く動機も失われます。充実した仕事こそが、抜本的なセキュリティ対策となるのです。

働き方改革は最良のセキュリティ対策になりえる

このように考えれば、働き方改革の目指す生産性の向上と労働者の満足度改善こそ、新たな時代におけるセキュリティ対策の地盤であり、ある意味では最も高い効果が見込まれる取り組みそのものと言えます。

技術的なセキュリティ面の対策も、ただ安全性を増すだけでなく、高速性・効率性を兼ね備えたソリューションとして現場にあわせて導入すれば、快適に働けて新たなビジネスチャンスを創出できる好機になるのです。

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ