ホテル業界における働き方改革|ホテル業界の労働環境における課題と解決策など紹介

mail_hatarabo_archives_8.jpg

ホテル業界における働き方改革|ホテル業界の労働環境における課題と解決策など紹介

▼資料の無料ダウンロードはこちらから▼

働き方改革関連法が施行され、多くの企業で労働環境を改善するためのさまざまな取り組みが、推進されています。ホテル業界においても、課題を解決するためには、働き方改革の実施が重要であり、急務で執り行われています。

この記事では、ホテル業界の課題解決につなげるための、働き方改革への対応について解説します。効率的なホテル経営のために、ぜひ参考にしてください。

働き方改革とは?

働き方改革とは、少子高齢化によって生じる労働力不足を補う目的で実施されている施策です。3本柱として「長時間労働の是正」「雇用形態による格差解消」「多様な働き方の実現」が掲げられており、それぞれに対して具体的な取り組みが展開されています。

働き方改革はすべての業界や労働者が対象になっており、日本全体の働き方を改善するためのものです。ホテル業界においても、働き方改革に対応するためにさまざまな取り組みを実践する必要があります。

ホテル業界が働き方改革に対応するメリット

働き方改革に対応すれば、経営の効率化を実現できます。また、従業員の負担も軽減できるため、長期的な労働力の確保が可能です。ここでは、会社や従業員にとってのメリットを解説します。

会社にとってのメリット

働き方が改善すれば、有能な人材が定着しやすくなります。また、生産性とともに、従業員の仕事に対する意欲も向上する可能性が高いです。その結果、ホテルとしてのサービスの質が向上し、ホテルに対するイメージアップも期待できます。

従業員にとってのメリット

残業時間が減り、有給休暇の取得も容易になるため、プライベートを充実させやすくなります。しっかりリフレッシュできれば心身の健康を維持でき、仕事に対するモチベーションも向上します。育児や介護と仕事の両立も実現可能です。

働き方改革への対応がホテル業界にとって重要な理由

ホテル業界ではインバウンドの需要が高まっていますが、その対応には従業員の確保が必要不可欠です。しかし、ホテル業界では全体的に人手が不足しており、なかなか必要な人員を確保できない状況にあります。

理由のひとつとして、ホテル業界では不規則な働き方になるケースが多く、休日も取りにくい点があげられます。離職率も高く、人手不足の慢性化は大きな課題です。

こうした状況を改善するには、働き方改革の実施が急務と言えるでしょう。

ホテル業界に影響する働き方改革関連法

働き方改革関連法が施行されていますが、ホテル業界にはどのような内容が影響するのでしょうか。具体的に解説します。

勤務時間インターバル制度

勤務時間インターバル制度では、勤務を終えた後、次の勤務まで最低でも11時間空けることを推奨しています。

ホテルは24時間体制で運営しているため、十分に休息をとれないまま働いている従業員も少なくありません。勤務時間インターバル制度はあくまでも努力義務ですが、導入すれば不規則な勤務体制による従業員への負担を軽減できます。

年次有給休暇の確実な取得

働き方関連法の施行により、年5日以上の年次有給休暇の取得が義務付けられました。違反した企業に対する罰則も定められています。

ホテル業界には、従業員がなかなか休みを取れない傾向があります。従業員が確実に年次有給休暇を取得できるよう、計画的にシフトを管理しなければなりません。

同一労働同一賃金の導入

同一労働同一賃金とは、雇用形態による不合理な待遇格差を是正するためのルールです。

同じ仕事をしている場合、正規雇用と非正規雇用のどちらであっても同じ待遇を受けられるようにする必要があります。ホテル業界では非正規雇用の従業員も多いため、同一労働同一賃金の実現により労働環境を改善できる可能性が高いです。

ホテル業界の労働環境における課題点と解決策

ホテル業界では、労働環境についてさまざまな課題が指摘されています。具体的な課題点とともに、解決策について解説します。

慢性的な人手不足

すでに触れたとおり、ホテル業界では慢性的な人手不足が問題になっています。少ない人員で業務をこなす必要があるため、長時間労働や休みが取りにくい環境を生み出しています。

このような状況を改善するには、多様な人材を積極的に雇用するのもひとつの方法です。シニアなども、有力な人材の候補です。

また、労働環境そのものも整える必要があります。たとえば、休みがとりやすくなれば、ホテル業界で働きたいと考える人も増える可能性があります。ITツールの導入による業務の自動化や、業務内容にあわせた専任スタッフの配置も検討しましょう。

待遇格差

ホテル業界は、非正規雇用で働いている従業員も多い状況です。雇用形態による待遇の格差が生じている場合は、同一労働同一賃金の実現を目指す必要があります。学歴によって待遇の格差が発生しているケースもあるため、細かい部分までしっかり見直さなければなりません。

労働条件を根本的に見直したうえで、状況によっては待遇に関する取り決めを大幅に変更すべき可能性もあります。労働者が納得して働けるような待遇になっているかをチェックしましょう。

労働形態

ホテル業界では24時間体制でシフトを組んでおり、労働形態が不規則になっています。業界の性質上やむを得ない部分ではあるものの、人材不足を招く原因にもなっています。従業員にとっての負担が大きく、休みもとりにくいからです。

ホテルの顧客に対してきめ細かい対応を目指すほど、残業も発生しやすくなります。

人材不足を改善するためには、このような労働形態の改善が必要不可欠です。業務内容そのものを見直したうえで、従業員の負担を軽減するための方法を検討しましょう。休みを取得しやすい体制づくりにも力を入れる必要があります。

対策によるコスト増と利益率の低下

従業員の定着率が低いために、余計な教育コストが多くかかっているケースも少なくありません。また、従業員にとっての働きやすさを優先するため、むやみに労働時間を短縮すれば、利益率の低下を招きます。

こうした問題を解決するためには、顧客のニーズに適したサービスを提供しつつ、それに見あう価格設定を実現する必要があります。定着率の向上のために、付加価値が低いサービスを削減したり、定休日を設定したりするのもひとつの方法です。

ホテル業界の働き方改革|成功に導くためのポイント

ホテル業界で働き方改革への対応を成功させるためには、どうすればいいのでしょうか。押さえておくべきポイントを解説します。

多様な人材を活用する

人手不足を解消するには、多様な人材の活用が大きな意味をもちます。すでに触れたとおり、シニアはホテル業界に貢献できる貴重な存在です。

また、主婦のなかにも自分の都合にあわせて働ける場所を求めている人が多くいます。ホテルは24時間体制で稼働している場所だからこそ、多様な人材の活用が可能です。

シフトや勤務体系を見直す

全体的にみると人手不足でも、業務の細かい部分まで見直すと人員余剰が発生している部分がある可能性もあります。なかには、1人の従業員が同時並行で進められる業務もあるかもしれません。待機時間が長く、勤務時間を無駄に消費している従業員がいないかどうかもチェックしましょう。

シフトや勤務体系を改めて考え直し、最適な人員配置を目指す必要があります。

スタッフがマルチタスクに対応する

サービスの質を維持したまま長時間労働を是正するためには、従業員のマルチタスク能力も重要です。それぞれの従業員が複数の作業をこなせるようになれば、業務を効率化できます。労働時間を短縮しても利益率を下げずに済むため、安定的なホテル経営を維持できます。

従業員にマルチタスク能力を身につけさせるために、研修を実施するのも良いでしょう。

業務のICT化を図る

様々な業界で活用されているICT。ホテル業界においても、業務の効率化のためにICTを活用できます。積極的に幅広い業務をシステム化し、従業員の負担を軽減すれば人件費の削減にもつながります。

たとえば、経営情報を一元管理するためのツールを導入したり、コンシェルジュ機能を備えているタブレット設置したりするのもひとつの方法です。スマートフォンで簡単に利用できるグループ通話が可能なアプリを導入するのもおすすめです。

業務内容やサービスを見直す

顧客が必要としていない業務内容やサービスを提供しても、利益にはつながりにくいです。顧客のニーズを把握し、需要が低くて非効率な業務内容やサービスがあれば削減を検討しましょう。

重要度が低いものを削減すれば生産性を高めれば、従業員が働きやすい環境を整備できます。休みをとりやすくなったり、定着率が高まったりする可能性があります。

高度専門人材を育成する仕組みづくり

離職を防ぐためには、福利厚生をはじめとする待遇の見直しも必要です。また、研修の機会を設ければサービスの質が向上するだけでなく、人材育成のための取り組みも強化できます。

さらに、魅力的なキャリアパスを提示すると、従業員のモチベーションもアップしやすいです。その結果、優秀な人材の確保につながります。

まとめ

働き方改革に対応するためのさまざまな取り組みは、ホテル業界ならではの課題解決にもつながります。解説したポイントをしっかり押さえ、可能な部分から働き方改革のための取り組みを始めましょう。

「働き方改革ラボ」では、YES・NOで答えていくと自社に必要な取り組みがわかる診断チャートも配布しています。裏面には取り組みの参考になる記事のリンクも掲載しているため、ぜひ活用してください。

参考・出典

この記事を書いた人

リコージャパン株式会社
リコージャパンは、SDGsを経営の中心に据え、事業活動を通じた社会課題解決を目指しています。
新しい生活様式や働き方に対応したデジタルサービスを提供することで、お客様の経営課題の解決や企業価値の向上に貢献。
オフィスだけでなく現場や在宅、企業間取引における業務ワークフローの自動化・省力化により、“はたらく”を変革してまいります。

関連ページ

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ