これさえおさえればOK!クールビズの基本マナー

oyakudachi_banner.png

mail_hatarabo_archives_8.jpg

暑さ対策や電気代節減のため、ビジネスシーンでノーネクタイやノージャケットという軽装で過ごす取り組みであるクールビズ。政府も、2005年から地球温暖化対策の一環として、主に5月から9月に、室温を28℃目安で過ごすライフスタイルとして提唱しています。オフィスで浸透しているクールビズですが、だらしない印象や相手に失礼な服装になるのでは?という心配から、積極的に取り入れられない人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな方に知っていただきたいクールビズの基本マナーをお伝えします。

①最低限のマナーを守る着こなしを

暑い時期はビジネスシーンでも軽装で過ごすことを提唱するクールビズですが、ジャケットやネクタイを外すと、どうしても相手にカジュアルな印象を与えます。いつものスーツスタイルから単にジャケットを脱いでネクタイを外しただけという服装は、力が抜けただらしない姿に見えることも。軽装が推奨されているとはいえ、ただカジュアル化すればいいわけではないという点を、まずは押さえておきましょう。

シャツはネクタイなしで決まるタイプを

相手に失礼にならない着こなしのコツは、なるべくシンプルなアイテムを選ぶこと。ジャケットやネクタイなしで見た目が寂しいからといって、柄やデザインのあるシャツはNGです。

ノーネクタイで着るのは、襟先が水平になるデザインのホリゾンタルシャツがおすすめ。ネクタイなしでも襟の形が乱れないのでピシッとした印象になり、左右に開いた襟のデザインが涼やかでおしゃれです。襟をボタンで留めるボタンダウンシャツも、ネクタイを外したときの襟の崩れがないので、すっきり見えます。

色のついたシャツを着たいときは、襟と袖の部分が白いクレリックシャツを選べば、おしゃれできちんとした印象を与えることができます。

スラックスはダークトーンがベター

スラックスはシワ感がない、 体型にあったジャストフィットを選びましょう。 色は、 ネイビーやグレーなどダークトーンのものを選ぶのが、相手に失礼にならない着こなしのコツです。

②急な面会に備えてジャケットを用意

ノージャケットがクールビズの基本スタイルですが、ジャケットを1着オフィスに用意しておくと安心です。ビジネスシーンでは、急な訪問や、初めて会う取引先との面会が必要になることも。相手の服装が予想できないとき、クールビズスタイルにジャケットを羽織って行けば、相手に不快感を与えるリスクも減り、自分自身も気持ちが落ち着きます。どんな色にも合うシンプルなダークカラーのジャケットをオフィスに1枚置いておくと、いざというときに困らないのでおすすめです。

③自社のルールや雰囲気に合わせる

政府が推奨しているとはいえ、クールビズのルールは会社によって異なります。環境省は「環境省におけるクールビズの服装の可否」として、6月1日からの「スーパークールビズ」の期間はポロシャツやアロハシャツ、チノパンなどの着用を可能としていますが、ノージャケットやノーネクタイはOKでも、半袖シャツやポロシャツなどは着用不可と定めている企業もあります。

クールビズをするうえで、会社のルールを守ることは必須です。また、クールビズに限らず、業種や業務内容、また取引相手の服装によってドレスコードはさまざま。明確なルールがない場合も、オフィスの周囲の社員の服装や雰囲気に合わせるのが基本です。

④訪問は相手の会社に合わせて

取引先との面会や相手先への訪問では、相手のクールビズのスタイルに合わせましょう。また、スーツスタイルで業務をする職種で、取引先や営業先と初めて会う場合は、失礼のないようにジャケットとネクタイを着用するのが基本です。相手から、その場でジャケットを脱ぐことを勧められたり、クールビズを勧められたりした場合は、2回目以降の面会でジャケットやネクタイを省きましょう。

付き合いが長い取引先で、相手もクールビズを推奨している場合は、ジャケットやネクタイなしで面会しても良いでしょう。クールビズを推奨しているかどうか不明な場合は、自社のルールを説明した上で、クールビズでも問題ないか確認すると安心です。

⑤サイズに注意する

クールビズでもきちんと見えるコツは、サイズ感の合ったシャツやスラックスを着ることです。ダボッとしたシャツやスラックスは、相手にだらしない印象を与えます。ジャケットを着ていれば、シャツのサイズが多少合っていなくても気になりませんが、1日中シャツで過ごすクールビズでは、サイズ感はとても重要です。シャツやスラックスは、体にジャストフィットするものを選びましょう。

⑥快適に過ごすため素材を工夫

クールビズのスタイリングには素材選びも重要です。シャツは、きちんと見えて肌触りが良いコットン素材がおすすめです。吸水速乾性に優れたクールマックスなど、涼しくドライな着心地で快適に過ごせる素材もあります。

スラックスは紳士服メーカーが販売しているクールビズ用のスラックスや、洗濯機で洗えるスラックスなら、より快適に過ごせます。

ジャケットは、折りたたんで持ち運んでも皺になりにくいジャージ素材や、通気性の良い麻素材がおすすめ。凸凹があり薄手でドライな肌触りのシアサッカー生地・コードレーン生地などのジャケットも、軽やかでおしゃれに着ることができます。

クールビズに向かない業務環境は?

政府や企業が推進しているクールビズですが、積極的に取り入れるべきではない業務環境もあります。営業職や接客業など、印象が大切な仕事や多数の顧客と会う職種の場合は、クールビズの導入は慎重に進める必要があります。暑い時期に限ったことではありませんが、公的な式典などに参加する場合も、他の参加者の服装や慣例を確認してスタイリングを決めましょう。

基本マナーを知ればクールビズは楽しめる!

温暖化対策やコスト削減、自分自身の過ごしやすさの面でもメリットがたくさんのクールビズ。基本マナーを押さえれば、上司や取引先に対して礼節を守りつつ暑さをしのぐことができます。シャツの形や素材を工夫すれば、もっとおしゃれに楽しめます。まだチャレンジしていない方も、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

oyakudachi_banner.png

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ