進化系フリーアドレス「ABW」とは?

mail_hatarabo_archives_8.jpg

ABWという言葉を知っていますか? オフィス内のさまざまな種類のワークスペースから、個人が働く場所を選んで仕事ができるスタイルで、日本でも働き方改革に注力する企業に採用され始めています。従来のオフィスのあり方とはまったく異なるABWの魅力は、どこにあるのでしょうか。フリーアドレスオフィスの一歩先を行く働き方の基礎知識やメリット、そして導入時のポイントについても解説します。

ABWとは?

ABWとは、アクティビティ・ベースド・ワーキング(Activity Based Working)の略。オフィス内に、仕事のさまざまな活動(アクティビティ)に適したワークスペースを用意し、個人がデスクを固定せず、作業内容に応じて働く場所を変えられる勤務形態です。

オランダのコンサルティング会社Veldhoen + Companyが提唱したスタイルで、生産性を上げるオフィスのありかたとして注目され、欧米の企業や、働き方改革に先進的な日本の企業でも導入されています。

フリーアドレスとは何が違う?

働く場所が自由に決められるという点では、ABWはフリーアドレスと似ていますが、その考え方が異なります。
フリーアドレスとは、個人が固定のデスクを持たずに、フロア内にあるオフィスデスクの好きな場所に着席して仕事をするスタイルです。

一方、ABWは、働く人の活動に基づいてオフィスが作られています。フリーアドレスで使える場所は一般的にオフィスデスクのみですが、ABWで選べるのは、仕事内容に適したさまざまなワーキングスペース。ABWを取り入れたオフィスには、デスクワークができるデスクのほか、集中して仕事ができる個人用ブース、リフレッシュやカジュアルなミーティングができるソファ、少人数でのアイデア出しに便利な設備が揃う部屋、音漏れしない電話用のボックスなど、さまざまな業務に合った場所があります。働く人ひとりひとりが自律的に時間の使い方や効率性を考えながら、場所を決めて働くのがABWです。

ABWのメリット

フリーアドレスから一歩進んだオフィスの形であるABWには、働き方を改善するさまざまなメリットがあります。

生産性が向上する

作業内容に合った場所で働くことができるため、仕事の生産性が上がります。個人の資料作りなど集中的なデスクワークに適した場所や、ミーティング用の機材が揃った部屋など、それぞれの業務に適した場所を使うことで、固定のデスクで働くよりもスムーズに仕事を進めることができます。

業務に集中する時間が確保できる

ひとつの業務に集中したいとき、固定のデスクで作業をすると、他の仕事が目についたり、電話がかかってきたりして中断されてしまうことも。ABWの個人用ブースを使えば、まとまった時間、遮られることなく仕事を進めることが可能です。

従業員の満足度向上

ABWを導入したオフィスでは、好きな場所で働くことができるため個人の自由がききます。場所に縛られる不満や、進めたい仕事を中断せざるを得ないといったストレスが軽減され働きやすくなるため、従業員の満足度が向上します。

ワークスペースの合理化

仕事の生産性を考慮してワークスペースを整備することで、オフィスを合理的に使うことができます。人数に対して広すぎる会議室など非効率なスペースを省くことで、家賃の削減や、社員が必要とする新たなワークスペースを確保できるなどのメリットにもつながります。

優秀な人材の確保

仕事をしやすい快適なオフィスを作ることは、離職率の低下という人材確保の面でもメリットがあります。また、働き方改革に先進的なオフィスを社外にアピールすれば、優秀な人材に入社したい会社として魅力を感じてもらえるため採用でも有利です。

ABW導入前のチェックポイントとは

社員の満足度向上や仕事の効率性の面でメリットのあるABWですが、従来の日本企業のオフィスとはまったく異なるスタイルのため、導入には注意も必要です。ABWを進める上でチェックしたいポイントについてお伝えします。

上司と部下の信頼関係の構築

ABWは、個人が場所を変えて働くため、デスクが固定の職場より上司と部下が顔を合わせる時間が短くなります。部下の仕事ぶりを近くで見てきた上司にとっては、部下がどこで何をしているのかわからないという状況に不安を感じることもあるでしょう。

ABWを導入するうえで必要なのは、顔が見えなくてもやるべき仕事をしていると信じられる上司と部下の関係性です。上司の監視下で仕事をするという働き方ではなく、個人が仕事に責任を持って働き、上司と部下や同僚が、お互いの自律的な働き方を受け入れる信頼関係を築くことが大切です。

働き方の調査

ABWの導入で働きやすい環境を整えるためには、現状の調査が必須です。社員の1日の行動や、オフィスへの不満や必要なスペースなどの要望についてヒアリングした上でABWの準備を進めましょう。また、使う頻度が低い会議室や、席やデスクの数が多すぎるスペースがないかも調査します。本当に必要なスペースだけを確保することが、コスト削減にもつながります。

会社の理念や文化への共感

自由に働く場所を選べる仕組みで生産性を上げるには、個人が主体的に仕事に取り組む姿勢が欠かせません。指示を受けたから動くという受動的な姿勢では、裁量度が高いABWで時間をうまく使えないため、成果を上げることはできません。

積極的に仕事に取り組む姿勢に必要なのは、会社の理念や文化への共感です。社員が、この会社で働いて成果を上げたいと感じられる風土作りや、理念の共有を進めましょう。

IT環境整備

場所を自由に選んで働くためのIT環境も必要です。無線LANの整備やモバイル端末の配布など、移動しながらの仕事に適した環境を整えましょう。また、社員が社外のスペースで仕事をするときのリスクに備えたセキュリティ対策や、セキュリティに関するルールの共有も必須です。

成果主義的な評価基準

仕事の成果を評価する仕組み作りも、ABW導入前に進めたい準備です。働いた時間の長さや、上司と顔を合わせている間の仕事ぶりではなく、社員が自律的に働いて上げた成果を可視化する制度を整えましょう。

ABWは仕事への姿勢も変える!

ABWは、外出が多い職種や、打ち合わせやアイデア出しの作業が多い職種に向いています。営業職やマ-ケティング職などに従事する人にとってはメリットが大きいでしょう。反対に、管理部門など同じ場所に在席している必要がある職種や、特殊な資料や設備が必要な研究職などはABWの効果を感じにくい仕事です。社員の働き方の実態をよく知った上で、快適な職場環境作りを進めることがポイントです。

ABW導入が、働き方の実態の把握や、社員に裁量を与える仕組みを作るきっかけになることも。成果によって評価される仕組みが整えば、社員の仕事に取り組む姿勢も変わります。社員の定着率やモチベーション維持に悩む企業も、ABWの考え方をオフィス作りに取り入れてみてはいかがでしょうか?

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ