RPA・EPA・CAの違いとは?業務自動化の今さら聞けないキーワード

mail_hatarabo_archives_8.jpg

shutterstock_577176796.jpg

働き方改革や、生産性向上に向けた取組みが進むなかで、事務作業やデータ処理業務の効率化が注目されるようになりました。銀行や保険会社など、事務作業が多く発生する会社での先行事例を取り上げる報道も増えつつあります。

そんな中でキーワードとなるのが、「RPA」や「EPA」といった業務自動化にまつわる言葉。しかし、それぞれの言葉が何を意味するのか、整理できていない方も多いのではないでしょうか?

本日は、そんな業務自動化のキーワードである「RPA」、「EPA」、「CA」について解説します!

◆目次
・RPAとは
・RPA・EPA・CAの違いは?
・どういう仕事がRPAに向いている?
・まとめ

RPA とは

「RPA」は「Robotics Process Automation」の略で、これまで人が行ってきた業務をソフトウェアロボットが代わりに行ってくれる仕組みを表します。「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」とも呼ばれ、主に企業のバックオフィス業務の効率化を担います。

「ロボットが代わりに行ってくれる」と聞くと、AIや人工知能のような近未来的なものも想像されますが、「定型化された業務を、企業が定めた作業手順に則って、自動的に処理していく」というのが実態に近いイメージです。ソフトウェアとしてパソコンにインストールをし、ルールやフローを覚えさせて使用します。

定型化された業務が自動化されることで、作業時間の削減はもちろん、作業ミスがなくなることでの作業品質の向上、人手不足の解消、社員の高付加価値業務へのシフト、といった効果が期待できます。

シンプルですが実用的に使えるツールで、繰り返し作業が多いほど大きな業務削減が可能です。

RPA・EPA・CAの違いは?

それでは、「RPA」と一緒に語られることの多い、「EPA」、「CA」との違いは何でしょうか?

「EPA」とは

「Enhanced Process Automation」の略で、日本語に直訳すると「より強力な手段の自動化」。

ルールづけや情報の構造化がされていないデータや知識を処理することを表します。

「CA」とは

「Cognitive Automation」の略で、日本語に直訳すると「経験的知識に基づいた自動化」。

少し難しい概念ですが、自然言語学習・ビッグデータ分析・機械学習・個別最適処理といった、データや情報の難しい処理を意味します。

RPAとはどう違うの?

RPA<EPA<CAの順番で、より複雑な、人間に近い業務に対応することができると言われています。

しかし、2018年9月の時点では、実用的に使われるのは「RPA」のレベルで、「EPA」、「CA」のサービスはまだ一般化されていません。

どういう仕事がRPAに向いている?

高頻度、大量、単純な反復作業が向いています。

具体的には、毎日発生するデータの入力、集計、加工のような作業で、複数のアプリケーション間での連携が必要な作業にも対応できます。「RPA」は、これらの作業を人間の何百倍ものスピードで、ミスなく正確に処理をしてくれます。

実際に「RPA」を導入したとある企業では、バックオフィス業務自動化プロジェクトを展開し、データ集計、入力、照合という3つの業務を「RPA」に代行させることで、55~85%の工数削減が確認できたとの例もあります。

逆に、RPAには適していない作業もあります。

例えば、コールセンターでの電話応対のような、判断規則が不明瞭で人でないと判断できない業務、新しいグラフの作成といった仕事の手順が標準化されていない業務、紙とパソコンの両方で作業をしなければならないような業務などです。

RPAを含む、仕事自動化に役立つ
148サービスの一覧はこちら

まとめ

「とにかく、目の前の作業を削減したい!」という要望に対して、「RPA」は非常に強い力を発揮してくれるツールです。

また、「RPA」の導入による直接的な作業時間の削減のみならず、導入に向けて業務フローの洗い出しや評価といった「業務プロセスの改革」を行うこと自体が、業務効率化や働き方改革として大きな意味を持ちます。

改めて、「RPA」を導入するには?という視点から、会社の業務を見直す機会としてみてはいかがでしょうか。

mail_hatarabo_archives_8.jpg

この記事に関連するタグ

前へ

すべての社員が自分らしくあるために~いまトレンドマイクロが積極的に推進している新人事制度とは。

次へ

スマホで仕事効率化!ビジネスアプリは作って使う時代へ